2016年版|残留農薬が多い、危険な野菜&果物ランキング・50

残留農薬 ランキング 野菜 果物

食べ物の安心・安全性に不安の残る昨今。野菜・果物を買う際には、残留農薬が気になるもの。

そんな方のために、アメリカの環境保護団体であるEWGEnvironmental Working Group)が発表した最新版・2016年の残留農薬が多い危険な野菜・果物のランキング・ワースト50をご紹介します。

スーパーなどで買い物する際のご参考に。

>>2017年版の残留農薬の多い野菜&果物ランキング・50はこちら

>>残留農薬を落とせる、最も安心・確実な洗剤『ベジセーフ』。今なら限定・半額の800円



残留農薬の多い野菜・果物ランキング

では残留農薬の多い順に、果物・野菜を見ていきましょう。

※11位~50位は表にまとめて記載します。

残留農薬の多い野菜・果物 1位:イチゴ

残留農薬 いちご

ワースト1はイチゴです。

EWGが調査した35,200種類の中でダントツで残留農薬の数が多く、なんと17種類の農薬が検出されたそうです。

さらに驚くべきは生産者が使用している農薬の数。
EWGの調査によると、なんと60種類以上もの農薬が使われていたとか。

イチゴは冬の時期が旬と思われがちですが、実は本来の旬は初夏の6月。
まったく真逆の季節の果物なんです。

年中出回っている=それだけ不自然なものということを覚えておきましょう。

残留農薬の多い野菜・果物 2位:リンゴ

残留農薬 リンゴ

ワースト2はリンゴ。

栽培時に肥料が多用されることに加えて、消毒もたびたび行われるため、農薬にさらされるリスクが高いようです。

リンゴに関連する記事

残留農薬の多い野菜・果物 3位:ネクタリン

残留農薬 ネクタリン

続いてワースト3はネクタリン。

こちらもリンゴと同じく、肥料や殺虫剤などが多用されるのがランクインの理由のようです。

ちなみに2015年にアメリカ農務省が行った調査では、
サンプルとなったネクタリンの97%から農薬が検出されています。

残留農薬の多い野菜・果物 4位:桃

残留農薬 桃

ワースト4はです。

『桃栗三年・柿八年』という言葉が示すように、
桃は本来であれば収穫までに3年程度の期間が必要になる果物です。

そのため、成長速度を早めるために農薬が使用され、さらに消毒などにも農薬が使われます。
残留農薬が増えて当然です。

ここまで見てくると、夏に旬を迎える果物ばかり。
夏は虫がわきやすく高温で傷みやすいので、
これを防止するために大量の農薬が使われているだろうことが想像できます。

残留農薬の多い野菜・果物 5位:セロリ

残留農薬 セロリ

続いては野菜がランクイン。
セロリがワースト5です。

香りが強く虫がつきづらい=農薬はあまり使われないように思われがちですが、
セロリは栽培にかかる期間が長く、害虫に弱いので農薬使用量が多い野菜の代表格。

葉の部分に農薬が多く残留します。

残留農薬の多い野菜・果物 6位:ブドウ

残留農薬 ぶどう

続いてワースト6はブドウ。

ブドウも栽培に非常に手間のかかる果物。
色々な病気にかかりやすく、それらの病気を防ぐための農薬が、都度必要になります。

したがって収穫までに何十種類もの農薬を使わなければならず、
残留農薬の量も増えてしまうものと考えられます。

残留農薬の多い野菜・果物 7位:さくらんぼ

残留農薬 さくらんぼ

ワースト7はさくらんぼです。

さくらんぼはミバエという虫がわきやすいことが最大の問題です。
ミバエはさくらんぼの実に卵を産み付け、
孵化した幼虫が食べごろのさくらんぼを食い荒らしてしまいます。

このミバエを殺虫するためには大量の農薬(消毒薬)が必要になり、残留農薬も増えてしまうのです。

残留農薬の多い野菜・果物 8位:ほうれん草

残留農薬 ほうれん草

残留農薬の多い野菜・果物のワースト8位は、ほうれん草です。

ほうれん草も害虫に非常に弱い野菜のため、
農薬の中でも特に殺虫剤を多く使って栽培されています。

果物と違って葉も茎も全て食べるため、残留農薬のリスクにさらされやすいという点も見逃せません。

ほうれん草に関連する記事

残留農薬の多い野菜・果物 9位:トマト

残留農薬 トマト

ワースト9はトマト。

トマトは、アメリカ環境保護局(EPA)が発表した
使用される農薬とその残留量による発ガン性の高い農作物』の第1位の野菜。

農薬の使用量が多く、農薬の残留濃度も高い野菜なのです。

トマトに関連する記事

残留農薬の多い野菜・果物 10位:パプリカ

残留農薬 パプリカ

ワースト10はパプリカです。
※ピーマンも含みます。

パプリカの多くは韓国産。
日本のスーパーで見かけるパプリカもほとんどが韓国産です。

韓国は日本に負けず劣らずの農薬大国。
その国で生産された野菜に残留農薬が多いのも当然と言えます。

残留農薬の多い野菜・果物ランキング 11位~50位

残留農薬の多い野菜・果物の11位~50位までは以下の表をご覧ください。

順位 野菜・果物の名前
11 ミニトマト ※1
12 きゅうり
13 スナップエンドウ(輸入) ※2
14 ブルーベリー(国産) ※3
15 じゃがいも
16 唐辛子
17 レタス
18 ケール
19 ブルーベリー(輸入) ※2
20 サヤインゲン
21 プラム(すもも)
22
23 ラズベリー
24 にんじん
25 かぼちゃ(冬)
26 マンダリンオレンジ
27 かぼちゃ(夏)
28 スナップエンドウ(国産) ※3
29 ネギ
30 バナナ
31 オレンジ
32 スイカ
33 ブロッコリー
34 さつま芋
35 キノコ
36 カリフラワー
37 マスクメロン
38 グレープフルーツ
39 メロン
40 ナス
41 キウイ
42 パパイヤ
43 マンゴー
44 アスパラガス
45 玉ねぎ
46 えんどう豆
47 キャベツ
48 パイナップル
49 スイートコーン
50 アボカド
※1:フルーツトマトを含む
※2:輸入=アメリカ国外産のもの
※3:国産=アメリカ産

いかがでしょうか?
あなたが普段食べる野菜・果物はいくつランクインしていましたか?

これはアメリカで行われた調査の結果ですが、日本は今やアメリカよりも多くの農薬を使用している農薬大国。
中国と1位の座を争うほど、日本国内の野菜の多くは農薬にまみれています。

残留農薬ランキングに多少の誤差はあるかもしれませんが、
これが日本に当てはまると考えても概ね問題はないと思われます。

>>2017年版の残留農薬の多い野菜&果物ランキング・50はこちら

残留農薬を避けるための工夫

野菜・果物の残留農薬を避けるためにはいくつか工夫が必要です。

ひとつは、オーガニック栽培や減農薬農法の野菜・果物を買うこと。もうひとつは、調理前に残留農薬を落とすことです。

オーガニック栽培の野菜について

オーガニック栽培の野菜・果物は今やamazonでも購入できますし、農家さんから直接購入することもできます。

また、産地が近い地物の野菜や果物を購入する、旬のものを選ぶ等すれば、より安心・安全なものが手に入るでしょう。

>>amazonでも豊富に揃う!オーガニックの野菜・果物はこちら。

残留農薬を落とす洗剤について

残留農薬を落とす洗剤は、ホタテの殻を使用した洗剤などが有名ですが、中でも特におすすめなのが『ベジセーフ』です。

理由はいくつかありますが、まずは原料が極めてシンプルなこと。材料は水と炭酸カリウムのみ。つまり、ベジセーフはアルカリイオン水(電解水)なのです。

安心して使うことができ、下の写真でもわかるように、野菜に付着した残留農薬が黄色っぽくドロっとした状態で浮き出てきます。

そしてもうひとつは、残留農薬を落とすことはもちろんできる上に、さらに洗った野菜や果物が長持ちするようになることが挙げられます。

ベジセーフで洗った野菜は数日経っても変色がほとんどなく、鮮度を保ち続けることが可能。これも、残留農薬を確実に落とすことができることの証明です。

日本はオーガニック野菜の普及率が極めて低いため、わざわざ選ぶのも手間も時間もかかります。

その点ベジセーフは、残留農薬を確実に落とし、かつ、鮮度を長く維持できるため、こうしたストレスも減ります。原料も極めてシンプルな点も安心できます。

下記のリンクからメーカー直販サイトで購入すれば、総合通販サイト(amazonや楽天)の半額以下のわずか800円で購入が可能ですので、家庭に1本置いておくことをおすすめしています。

>>ベジセーフをメーカー直販サイトで購入

確かに国産の野菜は残留農薬まみれで危険かもしれませんが、
このように避けるための方法は必ずあります。

こちら以外にも色々と方法はありますので、アンテナを張っておきましょう。

ベジセーフを実際に使用したレポート

当サイトのライターによるベジセーフを実際に使った感想やメリットの詳しいレポート、実際に残留農薬の多い、さくらんぼやトマト等の残留農薬を落とした写真は、下記の記事にまとめています。

気になる方は合わせてご覧いただければ、効果がよくお分かりいただけると思います。

ベジセーフを使った感想・効果・最安値まとめ!残留農薬の除去にはこれ!
ベジセーフを使った感想・効果・最安値まとめ!残留農薬の除去にはこれ!
「ベジセーフ」という野菜・果物洗い用の洗剤があるのを、ご存知ですか?

野菜・果物の残留農薬について:まとめ

私たちの体は、今日まで私たちが食べてきたもので作られています。

毎日の食事に使う野菜・果物はこだわって選びましょう。

>>2017年版の残留農薬の多い野菜&果物ランキング・50はこちら

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。