【山の日は8月11日】 ついに2016年から、8月にも国民の祝日が来た!

山の日

2016年から、「山の日」という国民の祝日が導入されたことを知っていますか?

今年も季節は夏になってきて、そろそろ夏休みの予定を立てる時期。2016年の8月のカレンダーを見ていて「あれ?なんだこの”山の日”っていうのは?」と気づいた方もいるはず。

私はこのカレンダーを作った会社だけの記念日なのかな?と思ったのですが、実はどうやら違うようです。山の日は、今年2016年から始まった、れっきとした国民の祝日です。

新たに国民の祝日が増えるのは、1996年に制定された海の日(7月18日)以来、20年ぶりのことです。



山の日はいつ?

山の日は8月11日。
2016年の山の日は木曜日です。

翌日の12日(金曜)に休みを取れば、土日を合わせて4連休が実現します。

この時期はお盆とも重なり、会社全体でもともと夏休みに設定されている場合もありますが、「7月~9月の間で5日間、自由に休みを取っていい」という休日取得スタイルの会社であれば、休みがもう1日増えるようなもの。

夏は旅行、帰省、イベントなどが多い時期。また、日頃から溜まっている疲れも出やすい時期でもあります。

アクティブな方にも、休みたいという方にも、山の日は嬉しいですね。

なぜ「山の日」なのか?

ところで、なぜ「山の日」なのか?

調べてみたところ、日本山岳会をはじめとする団体が、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として国に提案したためとのこと。

しかし、8月11日は山に関する特別な出来事があるなどの明確な由来はなく、休みを連続して取りやすくするためといった理由のようです。

また、漢字の「八」という漢字が山の形に見え、かつ、「11」が山の木々が並ぶイメージであることも、選定の理由のひとうだとのことです。(後述)

なぜ「山の日」が8月11日なのか?

当初、山の日の候補としては、おもに以下の4つがありました。

  • 6月上旬
  • 海の日の翌日(=7月19日)
  • お盆前
  • どこかの日曜日を祝日にする

この中で、「盆休みと連続させやすい利点がある」としてお盆前の8月12日を祝日とする案が採用されたようです。

しかし、8月12日は日本航空123便墜落事故と同日のため、その前日である8月11日を山の日とすることに決定された、という経緯があります。

地方独自の「山の日」もある!

ここまでは、2016年から新たに国が決めた「山の日」のお話をしてきましたが、ここで少し脱線。

実は各地方自治体が独自に定めている地方ローカル版の「山の日」も存在します! その一例をご紹介します。

■各地方自治体 独自の「山の日」まとめ

自治体名 日付 名称
千葉県 5月17日 里山の日
長野県 7月第4日曜日 信州山の日
山梨県 8月8日 やまなし山の日
岐阜県 ぎふ山の日
静岡県 2月23日 富士山の日
大阪府 11月第2土曜 おおさか「山の日」
奈良県 7月第3月曜 奈良県山の日・川の日
和歌山県 11月7日 紀州・山の日
広島県 6月第1日曜 ひろしま「山の日」
香川県 11月11日 かがわ山の日
愛媛県 えひめ山の日
高知県 こうち山の日

先ほども書いたように、「八」という漢字が山の形に見えることから8月にする県、木々が並ぶイメージから「11」を採用して11月に制定する県が多いようです。

ちなみに、群馬県はもともと10月の第1月曜日を山の日にしていたようですが、今回2016年から「山の日」が正式に国民の祝日になったことから、これを廃止しました。

まとめ

「山の日」制定の裏には色々と事情もあったようで、しかも山とは特に関係もないようですが、休日が増えるだけで単純に嬉しいもの。

旅行に行くでもよし、この機会に登山に挑戦するもよし、今年も夏を満喫しましょう!

参照サイト:Wikipedia

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
仮面アントニー

都内のIT企業で働く”仮面社畜”。現在、副業で月収25万円。私の副業(複業)のコツを教えます!