ネガティブ思考を改善する方法8つ/落ち込んだ時に見る記事・保存版

どんなに前向きな人でも、ネガティブ思考になってしまうことはあるもの。

ネガティブ思考が体にも心にも周囲にとっても良くないことだと分かっていても、人間常にポジティブ思考ではいられません。

なぜなら、ポジティブなエネルギーよりもネガティブなエネルギーの方が強いから。
だから、

良いニュースよりも悪いニュースの方が広まりやすく、
人は良い噂話よりも悪い噂話の方を好み、
一人で考え込むと、どんどん悪い方向に妄想が膨らんでしまうのです。

しかし、ネガティブ思考が良くないものだという事実は変わりません。

そこでこの記事では、ネガティブ思考に陥ってしまったとき、それを改善するための方法をまとめました。

あなたがもしネガティブ思考になってしまったら、この記事にある改善法をヒントにしていただけたら幸いです。



ネガティブ思考の改善法1:無理やりでも笑う

無理にでも笑顔を作りましょう。鏡の前に立ち、作り笑顔でもいいので、自分の笑った顔を見てみましょう。

無理にでも笑顔を作れば、脳が「あぁ、今自分は気分が良いのだ」と勘違いを起こします。

たったこれだけで、ネガティブ思考は改善し、免疫力も改善するとか。

お笑い番組を毎日みた末期ガン患者のガン細胞が消えた、という例も少なくありません。

>>amazon 「お笑い・バラエティ」のDVD売れ筋ランキング

ネガティブ思考の改善法2:ハッピーフードを食べる

この世には、科学的に「これを食べれば幸福度がアップする」と証明されたハッピーフードと呼ばれる食べ物が存在します。

その多くは、脳内物質のセロトニン(別名:幸せホルモン)を作ってくれる食べ物です。

食べれば食べるだけいいというわけではありませんが、食事のときに意識して取り入れてみるのもいいかもしれません。

>>ぜんぶ認証済み。食べるだけで前向きになれる『ハッピーフード』6個!

ネガティブ思考の改善法3:ポジティブな意見を言える人に話す

あなたの友人や知人には、あなたの言葉に耳を傾け、ポジティブな意見が言える方が居ますか?

ポジティブな思考を持ち、あなたを励ましてくれる人たちと繋がりましょう。

あなたが負の感情に襲われ、負のスパイラルの中にいるときは、ネガティブな意見や思考をする人たち(ドリームキラー)と関わってはいけません。

>>ドリームキラーに関わるな!『あなたを批判する人』を無視するべき理由

ネガティブ思考の改善法4:歌う

歌いましょう。

歌の上手い・下手も、好き・嫌いも関係ありません。歌うだけでストレス発散効果があります。

カラオケDAMで知られる第一興商と共同で研究を行った鶴見大学の斎藤一郎教授によれば、カラオケをした後は、ストレスホルモンが減少するのだとか。

>>ベストセラー!自宅でも1人カラオケができる『1人deカラオケDX 防音マイク』

ネガティブ思考の改善法5:ヨガをする

ヨガは現在の思考(ここでは、ネガティブ思考のこと)から離れ、軽い瞑想状態に入ることができます。

ヨガは呼吸のしかたが最大のポイントと言われます。
それゆえ、意識が思考→呼吸へと向くので、呼吸が深くなり、心身ともにリラックスすることができるのだとか。

>>忙しくても大丈夫。会社のデスクでもトイレでも、どこでもできる『ずぼらヨガ』

ネガティブ思考の改善法6:日光浴をする

日光には(先程も書いた)脳内物質セロトニンを増やす作用があるそうです。

そのため、1日に10分~20分程度、日光を浴びるだけでもストレス発散効果があるのだとか。

逆に言えば、日光を浴びなければそれだけでうつや不安障害になる危険性は高まってしまうそうです。
日照時間の少ない冬場や雪国でうつ病の発症率が高くなるのは、日光を浴びる時間の少なさが1つの原因とされ、引きこもりの人にうつ病が多いのもこれが理由です。

>>日光のすごさがよく分かる本:太陽を浴びれば、医者はいらない

ネガティブ思考の改善法7:「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」と言う

ベストセラーにもなった本『ツキを呼ぶ 魔法の言葉』にある、3つの言葉を言うだけで、
悪い流れを断ち切って、自然と心を落ち着けることができます。

その3つの言葉というのが、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」。

たとえ今そんな気分ではなかったとしても、形式的にでもかまわないので、とにかく言葉に出すのが大事です。

私も、悪いことが続いたり、ついネガティブ思考になってしまったときには、この3つの言葉を10回ずつ言うようにしています。

>>読みやすくておすすめ。『ツキを呼ぶ 魔法の言葉』

ネガティブ思考の改善法8:癒される写真を見る

お金も時間もかけずに、でも今すぐネガティブ思考を改善したいというせっかちな方におすすめなのが、癒される写真を見ることです。

それはあなたが個人的に癒される写真(恋人や子ども、思い出の風景の写真)等ではなく、
こちらも科学的に「脳が癒やされる」と証明された写真があるので、それを見ることです。

たとえば、植物(緑)の写真や青い写真など、大きく5種類あります。

スマホで検索すればすぐにGoogleが表示してくれるので、手軽でおすすめのネガティブ思考改善法です。

>>時間もお金も要らない!見るだけで「科学的に」癒される写真・5種類

まとめ:ネガティブ思考は早めに改善を!

冒頭でも書きましたが、ネガティブ思考は、自分の体と心どちらにも悪いばかりか、周囲の人たちにも不幸を振りまく悪しきものです。

この記事でご紹介した方法をヒントにしていただき、頭の中がネガティブな思考で蔓延してしまう前に、改善しましょう。

なお、ネガティブ思考の改善法は、見つけ次第に随時この記事にアップしていきたいと思います。

今回、自分にあった改善法が見つからなかったという方も、懲りずにまたぜひ見にきていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
takashi09
元コーチ。個人でコーチングを行っています。