お気に入り♪パルシステムのコア・フード「平飼いたまご」がおすすめです!

あなたが、いつも食べている卵の黄身は何色ですか?

我が家で使っている卵の黄身はレモン色ですが、これが本来の、自然に育てられた鶏の産む卵の黄身の色なのだとか。

ちなみに我が家で使っているのは、パルシステムの「平飼いたまご」。

始めて以来、ずっと書い続けているお気に入りの商品のひとつです。

この記事では、「卵の黄身の色」に注目しつつ、パルシステムの「平飼いたまご」についてご紹介したいと思います。

>>パルシステムのカタログ・資料を取り寄せてみる方はこちら

>>パルシステムの「お試しセット」はこちら



本来の、自然のままの卵の黄身の色は?

あなたのいつも食べている卵の黄身の色を思い出してみてください。
上の写真にあるような、濃い黄色をしていませんか?

もし、写真のような色の黄身だとしたら、残念ながらそれは、
自然本来の育て方とはぜんぜん違った、偽物の卵かもしれません。

写真に写っている濃い黄色の黄身の卵は、
不自然で不衛生で過酷な飼育環境にいる鶏が、
むりやり産まされた、不自然な卵かもしれません。

スーパーで安く売られているような卵は、たいていが、こんな濃い黄色の黄身をしています。

パルシステムの「平飼いたまご」は、レモン色の黄身!

ここで、我が家で使っている、パルシステムの「平飼いたまご」の黄身をご覧ください。

ご覧のように、レモン色の黄身をしています。

実はこのレモン色が、自然本来の黄身の色です。

草などを食べて、自然本来のまま育った鶏の産む卵の黄身は、色素が薄く、このようなレモン色になるのだとか。

レモン色の黄身に違和感を感じた方も、いらっしゃるかもしれません。

そんな方は、もしかすると「色が濃い=良い卵」と思っているのではないでしょうか?

しかし、残念ながらこれは大きな間違いです!!

黄身の色が濃いからと言って、良い卵というわけではない。

レモン色の黄身に違和感を感じた方は、オレンジに近い濃い色の卵が良い卵だと思っているかもしれません。

「黄身の色が濃い=栄養価が高い=良い卵」と思いがちですが、
実は、黄身の色は、鶏に与えるエサの色でいくらでも調整できてしまうので、
このイメージはまったく間違ったものと言えます。

オレンジ色に近い濃い黄身の色をした卵は、トウモロコシや着色料を含むエサを与えられた証拠です。

本来、鶏はトウモロコシは食べませんし、着色料を含んだものも自然界には存在しません。

つまり、オレンジに近い濃い黄身の色をしているほど、その玉子は不自然なものと言えます。

平飼い卵の「平飼い」とは、どういう意味?

平飼い卵

『平飼い』とは、上の写真のように平らな地面の上で鶏を放し飼いにして自然のまま育てる飼育法のこと。

平飼いされた鶏は、自然の中で自然に近い飼料(草など)を食べて、

砂遊びや日光浴をして、よく走って、よく寝て育ちます。もちろん、交配も自然のままだそうです。

このような、自然のままの飼育法を「平飼い」といいます。

どれも当たり前のことばかりで、昔はこれが普通だったようなのですが、
残念ながら今ではほとんど平飼いを行っているところがないようです。

スーパーの卵は「ケージ飼い」の鶏が産んだ、不自然な卵!

平飼いに対し、スーパーに並ぶ普通の卵は、「ケージ飼い」された鶏が産む卵です。

ケージ飼いされた鶏たちは、下の写真のような狭いケージの中に閉じ込められます。

鶏 ケージ飼い
※出典:株式会社ウリュウ

身動きは取れませんし、過度のストレス・運動不足や不衛生な環境に置かれるので、非常に病気にかかりやすいのが特徴。

しかもこんな狭いケージの中にたくさんの鶏が、所狭しとひしめき合うので、

1羽でも病気にかかれば、たちまち集団で感染してしまいます。(鳥インフルエンザなど)

そのため、予めこうした感染症を防ぐために使われるのが抗生物質です。
安い輸入のコーン(遺伝子組み換え作物)などと一緒に混ぜて、鶏に与えます。

人間に例えれば、死ぬまで同じ部屋の中でジャンクフードと薬を食べ続けるようなものです。

考えただけでもぞっとしますし、こんな卵はできるだけ食べたくないですよね。

パルシステムの「平飼いたまご」のご紹介

平飼いとケージ飼いの違いをわかっていただいたところで、

ここからはパルシステムの「平飼いたまご」のご紹介です!

まず見た目はこんな感じで、けっこう小ぶりで、大きさは不揃いです。

この卵を見ると、市販の卵がなぜあんなに大きさも形も揃っているのか大いに疑問になります。。。
(市販の卵がつまりそれだけ不自然な卵だという証明でもありますよね。)

次に値段ですが、M~LLの不揃いの卵が6つ入って288円(税込み:311円)です。

そして、肝心の黄身ですが、もちろん色はレモン色。
殻の大きさと同様に、黄身の大きさも回り小さいです。

味の特徴はサッパリ。
淡白で料理に合わせやすく私は気に入ってますが、
普段濃厚な味の卵に慣れている方には物足りなく感じるかも。

また、にも特徴があります。

殻を割ると分かるのですが、殻に厚みがあり、ボンドのように糸が引いてます。

市販品は殻が薄くてもろく、ぼろぼろになりやすく、「細かい殻が卵の中に入っっちゃった」なんて経験をしたことがあるのではないでしょうか?

ところが、パルシステムの「平飼いたまご」は、殻が分厚いので、これがありません。

そして、もちろんGMO(遺伝子組み換え)飼料は不使用です!

このように、スーパーで売られている卵とはあまりに違うので、
最初にこの平飼い卵を使ったときは、けっこう驚きでした。

でも、この「平飼いたまご」に慣れると、今度は逆に市販の卵の違和感に気づくようになりました。

「濃い色で美味しい!」とうたっていたり、ビタミンEなどの栄養素を強化したもの等、
人工的に色々と手を加えられているのがわかり、気持ちが悪くなりました。。。

やっぱり自然なものが一番なので、平飼いの鶏の卵を、288円(税抜き・6個入り)で買えて、家まで届けてくれるのは、本当にいいなと思います。

平飼いたまごは、パルシステムを始めてから、ずっと書い続けているお気に入りのひとつです!

よく使う食材だから、卵は、安心の平飼い卵がおすすめ!

卵は毎日のように食べる食材なので、それだけに、安心・安全なものが大事です。

黄身の色はレモン色で、平飼いの卵がやっぱり良いと思います。

パルシステムの「平飼いたまご」は、パルシステムの商品の中でも、特に一番力を入れてこだわって作っいる「コア・フード」というシリーズのものなので、安心で安全で美味しいです!

もしまだパルシステムに加入していて、試したことがない人も試して欲しいと思います。

気になったら、とりあえずパルシステムの資料請求やお試しセットで。

パルシステムが気になったら、まずは資料請求してみたり、お試しセットをためしてみてはいかがでしょうか?

「平飼いたまご」はありませんが、「産直たまご」という、パルシステムのオリジナルの卵はついていますので、これでも美味しさは実感いただけると思います。

私もお試しセットを頼んでみましたが、けっこう満足な内容でした!

>>パルシステムのカタログ・資料を取り寄せてみる方はこちら

>>パルシステムの「お試しセット」はこちら

今後も、不定期ですが、パルシステムの商品をご紹介していきたいと思います。

こちらもいかがですか? パルシステムについて書いた記事

>>私がパルシステムを選んた理由

楽ちん&安心♪ 私がパルシステムを選んだ&おすすめする理由・3つ
楽ちん&安心♪ 私がパルシステムを選んだ&おすすめする理由・3つ
このサイトの記事で何度か取り上げているパルシステム。 始めて1

>>パルシステムのフリーズドライの味噌汁レビュー

http://bit.ly/2Ao13QL-misosoup/

>>パルシステムのにんじんジュース「キャロっとさん」のレビュー

http://bit.ly/2Ao13QL-carrot-san/

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
柴
愛犬は柴犬です。