ペットボトルのお茶は危険!?ペットボトルのお茶が偽物としか言えない件。

※出典:海外の反応 キキミミ

※出典:海外の反応 キキミミ

あなたは普段、ペットボトルのお茶をよく飲みますか?

あるアンケートに寄ると、コンビニで最もよく買う飲み物の第1位はお茶です。
※出典:ポイントタウン

お茶は日本人の暮らしに密着した飲み物。
食事にも合い、日常的に飲むのに最適なので、年齢・性別問わず多くの人に親しまれています。

また、カテキンなどに代表される話題の健康成分『ファイトケミカル』も含まれているため、健康上の効果も見逃せません。

しかし、これは茶葉を急須で入れたお茶の場合です。

コンビニなどで売られているペットボトルのお茶は、お茶ではありません。
ペットボトルのお茶は健康的などころか、とても危険な飲み物です。

では、なぜペットボトルのお茶が危険なのでしょうか?

今日は一般的なペットボトルのお茶の製造方法に着目し、その理由をご紹介します。



ペットボトルのお茶が危険な理由1:茶葉が農薬まみれ

ペットボトル お茶 農薬 危険

まず最初は主原料の茶葉について。

ペットボトルのお茶の茶葉は、ほとんどが中国産です。
中国と言えば言わずと知れた農薬大国。
そもそもの原料を中国に依存している時点で農薬の危険性は免れません。

「それなら国産の茶葉なら大丈夫だろう」という意見もあることと思いますが、国産の茶葉も危険です。
日本は中国に次ぐ農薬大国だからです。

関連記事:日本の危険・不名誉な世界一
もはや他人事じゃない!日本の『不名誉・危険な世界一』 まとめ
もはや他人事じゃない!日本の『不名誉・危険な世界一』 まとめ
『日本が世界一のもの』と聞くと、何を連想しますか? 世界一の長

さらに、ペットボトルのお茶に使われるのは二番茶と呼ばれる安価な茶葉を使用することが多いこともポイント。

二番茶は夏場に収穫されます。
夏は害虫や菌が発生しやすい気候のため、通常よりもさらに多くの農薬を使用しなければなりません。
そのため、当然ながら二番茶で淹れたお茶にはそれ相応の量の農薬が含まれてしまうのです。

※ちなみに一番茶は冬場に生産が始まるため、農薬の量が少なくて済み、良質なものなので高級品として扱われます。

主原料の茶葉自体が危険という時点で、ペットボトルのお茶もまた危険なことは明白です。

ペットボトルのお茶が危険な理由2:不純物を多く含む

ペットボトル お茶 不純物 危険

ふたつ目の理由は、茶葉に多くの不純物が含まれるからです。

特に中国産の茶葉に含まれる不純物は深刻です。
茶葉を収穫する際に付着する泥や小さなゴミ。時には、針なども含まれるとの記述もあります。

泥は、当然ながら農薬をたっぷりと含んでいますし、ゴミや針金も少なくとも安全とは言えません。
ちなみに現地でこれらの不純物を取り除くことはほぼなく、そのまま日本に輸入されるそうです。

もちろん日本でこれらの不純物は取り除かれるのですが、
取り除かれるまでの間に不純物が茶葉にどんな影響を与えるのでしょうか?

少なくとも体には良くないことは、想像に難くありません。

ペットボトルのお茶が危険な理由3:食品添加物が満載

最後の理由は食品添加物です。

本来、お茶は茶葉をお湯で淹れるものですが、ペットボトル入りのお茶となると、これに必ず食品添加物が含まれます。

以下はテレビCMでもよく目にする有名な製品ですが、
いずれにも酸化防止剤『ビタミンC』が含まれています。

野菜ジュースの記事でも説明した通り、このビタミンCは劣化したもの。
とても栄養成分とは言えない、むしろ体を老化させる物質です。

黒烏龍茶 効果 ない

こちらの製品は烏龍茶です。
本来は茶葉以外は必要ありませんが、前述のビタミンCに加え、
なぜか『烏龍茶抽出物』という物質まで入っています。

烏龍茶の成分を濃縮還元したような物質なのだろうと想定はできますが、その製造方法は不明。

それ以前に、もともと農薬まみれの茶葉をさらに濃縮還元したものだとしたら、
農薬の濃度まで高くなり、より危険度が増すとも考えられます。

特茶 効果 ない

こちらはお茶ですが、もちろんビタミンCが含まれています。

さらに『酵素処理イソクエルシトリン』という耳慣れない成分も入っていますが、
これもまたビタミンCと同じ酸化防止剤。
ポリフェノールの一種ではありますが、もともとお茶には含まれない成分です。

ビタミンCという酸化防止剤がすでに入っているのに、さらに別の酸化防止剤を付加するのには、
そうしなければならないほど、茶葉に何かしらの問題があることが想像できます。

まとめ

本来健康に良いはずのお茶ですが、ペットボトルのお茶はこんなにも危険なものなのです。

これは健康増進効果を謳っているトクホのお茶も例外ではありません。

関連記事:トクホが危険な理由
コーラもお茶も効果なし!トクホ(特定保健用)飲料は飲むな、飲まれるな。
コーラもお茶も効果なし!トクホ(特定保健用)飲料は飲むな、飲まれるな。
トクホ飲料を愛用している方に質問です。 それ、

急須で淹れたお茶が一日も経たずに飲めなくなるのに、
ペットボトルのお茶が何ヶ月ももつはずがありません。

安いものには必ず理由があります。
一般的に健康なイメージのある食品や飲み物でも、なぜそんなに安いのかを考える習慣を身につけましょう。

私たち日本人には欠かせないお茶。
それだけに、やはり安心・安全で美味しいものを選びたいものです。

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。