facebookでもキニナル!いいね!して『TOPに表示』を選択すれば、最新情報をお届け。

アトピー患者の1/3が発症!脂肪肝の原因になる食生活5選

脂肪肝 アトピー
 

この記事に興味を持ってくださったあなたに、質問が2つあります。

1.フォアグラを知っていますか?

2.あなた、もしくはあなたの大切な人はアトピーですか?

一見アトピーには関係のないようなこの質問ですが、実は深い関係があります。

なぜなら、もし、あなた・もしくはあなたの大切な人がアトピーで苦しんでいたとしたら、
その人の肝臓はフォアグラ状態にある可能性が高いからです。

このフォアグラ状態の肝臓のことを「脂肪肝」と言いますが、
アトピーに苦しむ人の1/3以上は脂肪肝であると報告されているのです。

※アトピーの脱ステロイド治療の第1人者でもある木俣肇氏による調査でも、
2001年に実施された宇治武田病院の調査でも、
アトピー体質の人の30%以上が脂肪肝であるという結果が出ています。

これには現代人の食生活が深く関係しているとも指摘されています。

そこで今日は、脂肪肝の原因になる食生活を5つご紹介。

ショッキングな内容かもしれません。
しかし逆に言えば、脂肪肝の改善はアトピーの改善にも繋がるということ。

ご自身がアトピーの人はもちろんですが、アトピー体質の子どもを持つパパ・ママにもぜひ呼んでいただきたい内容です。

なぜ脂肪肝の人がアトピーになるのか?

ではまず、なぜ脂肪肝がアトピーの原因になるかを知っておきましょう。

理由は2つあるのですが、いずれも脂肪(悪玉コレステロール)の持つ性質に起因しています。

1つは、脂肪そのもの(悪玉コレステロール)が、強いアレルギー物質だから。
2つ目は、脂肪皮膚を攻撃する細胞を活性化するはたらきがあるからです。

これに加え、脂肪のつき過ぎた肝臓は解毒作用が弱まってしまうので、
アトピーの元になる物質を分解できないことも大きな原因です。

では、肝臓に脂肪(悪玉コレステロール)がなぜ溜まりやすくなるのでしょうか?

それは、脂質の多い食事の摂り過ぎです。

多くの研究者が指摘し、多くの本やサイトなども語られています。
これから紹介するのは、そうした「脂質を摂りすぎる食生活」の代表例です。

 

脂肪肝の原因となる食生活5選

それでは、脂肪肝の原因となる食生活を5つご紹介します。

ひとつでも当てはまっていれば要注意!
自分や、自分の大切な人はどうかチェックしてみましょう。

 

脂肪肝の原因となる食生活1:お米よりもパンを食べる

脂肪肝 原因 パン
おにぎりなどのお米よりもパンを食べる習慣があるという方、間食にパンを食べるという方は要注意です。

パンは脂肪がたっぷり入っている他、狂った油ともよばれる「トランス脂肪酸」が満載。
このトランス脂肪酸は細胞のバリア機能を狂わせてしまい、アトピーを誘発することも分かっています。
関連記事:トランス脂肪酸の害

これでもまだ食べますか?『悪魔の油』 トランス脂肪酸・6つの害!



一部パン屋さんのものを除き、ほぼすべてのパンにはトランス脂肪酸は含まれており、
スーパーやコンビニで売られているパンには100%入っていると考えて間違いないでしょう。

中でも菓子パンや惣菜パンは特に多く含まれています。
パンは避け、お米を食べるようにしましょう。

 

脂肪肝の原因となる食生活2:魚はほとんど食べずに肉ばかり食べる

脂肪肝 原因 肉
肉食にも気を付けましょう。

魚に比べ肉は脂肪が多く含まれています。
特に霜降りと呼ばれる肉は赤身に比べ多くの脂肪が入っているので、
「サシの綺麗に入ったステーキが特に好き!」という方は特に気を付けましょう。

これに対し魚の脂は、現代人に不足している不飽和脂肪酸で、
悪玉コレステロールが内臓につくのを抑える効果があります。

特にさんまや鯖、イワシなどの青魚に多く含まれており、
悪玉コレステロール対策以外にも健康上のメリットがたくさんある油です。

肉よりも魚中心の食事にされることをおすすめします。

 

脂肪肝の原因となる食生活3:おやつにスナック菓子やチョコを食べる

脂肪肝 原因 スナック菓子
おやつにスナック菓子やチョコレートを食べる方も気を付けましょう。

こうした習慣は、恐らく子どもやOLさんに多いのではないでしょうか?

お菓子は脂肪(劣化した油)を含むのはもちろん、
糖分と食品添加物を多く含んでいるのが大きな問題です。
関連記事:砂糖の害について

正に『万病の元』…砂糖が脳と体に与える・恐すぎる9つの害とは?



この内、食品添加物は肝臓で分解するのがとても困難な物質で、
肝臓に大きな負担をかけ、肝臓の機能が弱まって脂肪が貯まりやすくなってしまうのです。

ちなみに僕の知人には「スナック菓子をやめただけでアトピーが改善した」という方もいます。
お菓子はそれだけ体に負担のかかる食べ物ということ。

可能な限り避けるようにしてください。

 

脂肪肝の原因となる食生活4:ジュースをよく飲む

脂肪肝 原因 ジュース
これは他の4つに比べてやや内容が異なります。

ジュースが問題なのは、脂肪ではなく糖分です。

清涼飲料水やスポーツドリンクを含め、ジュース一般には大量の糖分が含まれ、
この糖分が脂肪と結び付くことでできるのが悪玉コレステロールです。

ちなみに、砂糖やブドウ糖だけでなく、アスパルテーム等の人工甘味料も同様です。

これらが含まれる飲料といえば、トクホのコーラやジュース。
「健康のため」と謳っていても実はまったくの逆効果です。
人工甘味料はむしろ健康を害す物質で、糖尿病を誘発するという研究結果も出ています。

また、ジュース類はパンやお菓子と一緒に飲むことが多いことも見逃せません。

ジュースではなく、水やお茶を飲むことを強くおすすめします。
関連記事:安心・安全な水は浄水器で

最新・NSF認証の浄水器まとめ。安心・安全でローコストの水を飲もう。



 

脂肪肝の原因となる食生活5:ファーストフードが好き

脂肪肝 原因 ファーストフード
最後はファーストフードです。

ハンバーガーはパンに肉を挟んだもの。
フライドポテトは劣化した油まみれ。
チキンは劣化した油で酸化した肉。
ファミレスもが中心のメニューに砂糖満載のジュース。しかも飲み放題です。

ファーストフードはここまで述べてきたすべての要素を内包する、最も危険な要素だと言えます。
何を選んでも危険なものばかりです。

外食時にはファストフードよりもオーガニックカフェや自然食レストランを選んだり、お弁当を持参したりなどが良いでしょう。
関連記事:マック700円食べ放題は利用しないで!

正に『悪ドナルド』。マック700円食べ放題から10代の健康を守れ。



 

まとめ

こうして見ると、普段何気なく食べているものばかり。
これはつまり、身近なところにほど危険が潜んでいるということでもあります。

恥ずかしながら、筆者は、過去アトピーに悩んでいた頃はすべて当てはまっていました。
それだけに、今日紹介した食べ物・飲み物がいかに危険かは身をもって知っています。

もしかしたら、こうしてこの記事を読みながら食べたり飲んだりしていませんか?

「明日からやるよ」と言わず、ぜひこの記事を読んだ瞬間から始めてみてください。

 

アトピーは必ず治ります。

これからもアトピーという言葉がこの世から無くなることを願って、
いろいろな観点から情報を発信し続けていきたいと思います。

この記事が役立ったら
いいね! &シェアしてね!

Twitter で
PAPA-CHAN
1児のパパです。ただいま絶賛・子煩悩中! 子育てや趣味、家族のことを書いていけたらと思っています。よろしくお願いします。
キーワード: