facebookでもキニナル!いいね!して『TOPに表示』を選択すれば、最新情報をお届け。

水が健康にもたらす効果まとめ。『水は健康の源』と断言できるワケ

水 効果
 

今日あなたは水を何リットル飲みましたか?

 

  • 「水は健康に良い!」って聞くけど、自分はそれほど効果を感じられない。
  • それ以前に、水にどんな効果があるのか分からない。
そんな人、実は多いのではないでしょうか?

水はあまりにも身近すぎるため、その健康上の効果を軽視しがちですが、
実際は『健康の源』とも言っても過言ではない非常に重要な飲み物です。

この記事では、水が私たちの健康にもたらす効果をご紹介します。

最強の健康飲料『水』の効果を学びましょう。

 

水が大事な理由

すでにご存じの方は多いと思いますが、まずは、なぜ水が大事なのかをご説明します。

ひとことで言うなら、人間はほぼ水でできているから。
大人は体の約60%、赤ちゃんはなんと約80%が水でできています。

どんな水をどんな風にどれだけ飲むのか?

水にこだわることは、そのまま健康状態に影響します。
つまり、水にこだわるということは健康にこだわることと言えるのです。

 

効果があるのはジュースではなく、水

では、水分補給にはどんな飲み物がいいのでしょうか?

私の経験上、「水をちゃんと飲んでいますか?」と聞いて、はっきり「Yes」と答えられた人はほぼゼロです。

多くの人はこの問いに対して「No」と答えるか、
水ではなく下記にあげたような飲み物を飲んでいる人ばかり。
  • スポーツドリンク
  • お茶
  • 清涼飲料水
これらの飲み物は、水ではありません。

砂糖や甘味料、食品添加物(香料・保存料)など様々なものが交じっている「水分」であり、
スポーツドリンクやジュースを飲み、水を飲んだ”つもり”になっているだけです。

繰り返しますが、人間の60%は水です。
スポーツドリンクやジュースでできてはいません。

コーラでできているのは、唯一、ワンピースのフランキーだけです。笑


 

人間に必要なのは、水。なぜ必要なのかは、次からお話しする水の健康効果を見ればお分かりいただけると思います。

飲み方ひとつで段違い!健康効果を100%引き出す水の飲み方6つのコツ



 

水がもたらす健康効果まとめ

お待たせしました。
ここからは、水が私たちの体にもたらす健康効果を簡単にご紹介します。

 

水の効果1:生命維持

水 1日 何リットル
まずは何と言っても生命の維持。

人間は、水を飲まなければ1週間でほぼ100%死に至るとされ、
健康効果というよりは、水を飲むこと=生きることと言えます。

 

水の効果2:ダイエット

ダイエット プロテイン
水を飲むことは代謝UPにもなるため、ダイエット効果も期待できます。

汗をかきやすくなることはもちろんですが、体の基礎代謝も高まり、
自然と糖質や脂質を燃焼しやすい体になっていきます。

国内外問わず、一流のモデルさんの多くは水を飲むことを決して欠かさないそうです。

 

水の効果3:デトックス

デトックス
汗や尿も、水がなければ作られません。

この2つに共通するのは、老廃物を排出するという役割。
水を飲むことで汗や尿を出すサイクルが速くなり、デトックス効果が望めます。

 

水の効果4:栄養・酸素を運ぶ

タンパク質 効果 血液
水は、鉄分やタンパク質とともに血液を作る材料のひとつ。

血液は酸素や栄養を体中に運ぶという重要な役割を担います。
つまり、水を飲むことは(間接的にではありますが)栄養・酸素を運び健康的な体を作る効果があると言えます。

 

水の効果5:便通が良くなる

便秘 水 解消
水には、便通を良くする効果もあります。

排便の役割を担う大腸は、水がないと正常に機能しません。
一般的に便通に必要なものとしては食物繊維というイメージですが、便を柔らかく出やすくするには水が必要です。

「食物繊維は足りているのに便秘だ」という方は、水が足りているか確認しましょう。

 

水の効果6:免疫力UP

免疫力 高める 食べ物
水を飲むと代謝が上がるということは先に書きましたが、
代謝が上がるということは、体温もUPするということ。
一説には『体温が1度上がると免疫力が5倍になる』とも言われています。

つまり、水には免疫細胞を活性化し、病気を予防してくれる効果があると言えます。

ちなみに、水を飲む習慣のある人は、膀胱ガンの発病リスクが50%、大腸ガンの発病リスクが45%低くなるという調査結果もあります。

 

水の効果7:解毒効果

解毒 食べ物
水には、解毒効果もあります。

お酒を飲みすぎてアルコールが回って水が欲しくなった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

水を飲み体内の水分量を増やすと、アルコールや毒物の濃度を下げ、症状を緩和することができます。

 

水の効果8:美肌キープ

タンパク質 効果 肌
美肌をキープする効果もあります。
代謝がUPすると、肌のターンオーバーも活発になるため、美肌のキープに効果的です。

また、肌の保湿とハリの維持にも水は欠かせない要素。
赤ちゃんの肌があれだけハリがあって潤っているのは、水の効果によるものなのです。
(先ほど書いたように、赤ちゃんの体内の水分量は80%)

 

水の効果9:リラックス効果

睡眠 質
水には、緊張を緩和し、心身ともにリラックスさせる効果もあります。

緊張した人間の体は、発熱・発汗し軽い脱水状態になります。
発熱・発汗で失われた水分を補うことで、体も脳もリラックスし緊張を緩和することができるのです。

 

水の効果に関するまとめ

このように、水が私たち人間にもたらす効果は、健康面でも美容面でも非常に優れたもの。

水は健康の源。
水の効果を知らずして、健康を語ってはいけません。
  • 「○○が体に良い」
  • 「○○を食べると病気が予防できる」
テレビやインターネット、雑誌などで、日々ブームが生まれては消えていきます。

そのような一過性の話題に飛び付く前に、まずは最も身近な水の健康効果について、きちんと学ぶべきではないでしょうか?

飲み方ひとつで段違い!健康効果を100%引き出す水の飲み方6つのコツ



 

この記事が役立ったら
いいね! &シェアしてね!

Twitter で
キニナル編集部
キニナル編集部です。一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。
キーワード: