ナスニンとは?なすのファイトケミカル『ナスニン』が持つ、3つのスゴイ効果!

ナスニン


あなたの好きな夏野菜は何ですか?

ちなみに、筆者は断然なすが好きです。

夏は旬の野菜・果物が非常に多く、夏バテした体を元気にしてくれる栄養が満載です。

この記事では、そんな夏野菜の中でもなすに注目。
なすに含まれるファイトケミカル、「ナスニン」についてご紹介したいと思います。



ナスニンとは?

ナスニンとはアントシアニンという赤い色素の一種。
その名前の通り、なすに含まれる(特にに多く含まれる)ファイトケミカルの一種です。

発見したのは日本人の女性学者・黒田チカさん。
そのためか、『ナスニン』というそのまんまのネーミングになっています。

ちなみになすにはナスニン以外に『クロロゲン酸』というファイトケミカルも含まれていて、
これの成分がよりナスニンの効果を高めてくれるとか。


ナスニンの効果1:ガンの予防

ガン予防 食べ物
ナスニンに限らずファイトケミカル全般に共通する効果として、
ガンや心臓病、脳卒中などのいわゆる生活習慣病を予防する効果があり、
これらの病気の原因・活性酸素を効果的に退治してくれます。

一般的にファイトケミカルなどの栄養素全般は加熱すると失われやすいのですが、このナスニンは別。
加熱しても加熱しなくても効果はほぼ失われず、80%以上もガンの予防効果が残るのだとか。


ナスニンの効果2:眼の疲れを癒す

目 疲れ 薬
眼の疲れを癒す効果があります。

人間の目にはロドプシンという色素があり眼が光を感じるための役割を果たす重要なものなのですが、
ナスニンはこのロドプシンが効果的にはたらくように助けてくれます。

普段パソコンに向かったり、スマホでゲームをすることが多い現代人には嬉しい効果です。


ナスニンの効果3:血液サラサラ効果

血液 サラサラ
悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管をキレイにします。
血液がサラサラになるので、高血圧や動脈硬化などの血管系のトラブルを防いでくれます。

また、ナスニン以外にも水分量と食物繊維が多いのもなすの特長。
水分・食物繊維との相乗効果で血液サラサラ効果はさらに高まります。


ナスニンを効果的に摂るには?

では、ナスニンを効果的に摂るにはどうすればいいのでしょうか?

これには2つのポイントがあり、ひとつは皮ごと食べること。
もうひとつは汁物として調理することです。

前者は先述の通りナスニンは皮の色素の成分だから。
後者は水に溶けやすいからです。

以上を踏まえると、皮ごと切ってみそ汁、スープに入れ、汁まですべて飲むのがベストです。

なす 味噌汁 レシピ

※出典:amazon



夏バテで食欲がなくても、汁物であれば食べられますし、冷たいものを食べて冷えがちな体を温める上でも最適です。

ナスニンについて:まとめ

いかがでしょうか?
ナスはまさに今が美味しい時期。『旬』は最も栄養価が高まる時期ということでもあります。

さらに、有機・無農薬栽培のなすならナスニンの効果は倍増。
野菜は食事の基本。
ケチらず、品質の良い物にこだわりましょう。
関連記事:有機野菜が自宅に届いて楽ちん。私がパルシステムを選んだ理由。
楽ちん&安心♪ 私がパルシステムを選んだ理由・3つ
楽ちん&安心♪ 私がパルシステムを選んだ理由・3つ
このサイトの記事で何度か取り上げているパルシステム。

今晩のごはんに、ナスはいかがでしょうか?

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。