『クマリン』の効果・効能・食べ物まとめ。脳も体も癒されたいあなたへ

クマリン 効果 効能


『クマリン』という成分をご存知でしょうか?

クマリンとは、明日葉やパセリ、シナモンなどに含まれる香り成分。

疲れたとき、癒されたいときにアロマなどの香りを楽しむ方は多いと思いますが、クマリンはそんな方におすすめです。

この記事では、クマリンの効果・効能をはじめ、多く含まれる食べ物やサプリメントについてご紹介したいと思います。



はじめに:クマリンとは?

では、まずはじめにクマリンとはどんな成分なのか簡単にご説明します。

クマリンとは、ファイトケミカルの一種『ポリフェノール』に分類される、香りの成分。
主にセリ科やミカン科など、香りの強い野菜・果物・植物に多く含まれています。
(クマリンが多く含まれる食べ物については後述します)

主に香料の原料として、化粧品やアロマオイル、香水に使われたり、他にも抗血栓薬などの医薬品にも使われています。


クマリンの効果・効能まとめ

それでは、クマリンにはどんな効果・効能がるのでしょうか?
主なところを5つ、順に見ていきましょう。


クマリンの効果・効能1:抗菌作用

アリシン 抗菌作用
抗菌作用に優れ、ウイルスや細菌の侵入・増殖を防ぐ効果があります。
これは、香りの成分に多く共通する効果・効能で、クマリンの他にリモネンにもこのはたらきがあります。


関連記事:リモネンの効果まとめ
知ってて得しかしない!リモネンの5つの効果まとめ
知ってて得しかしない!リモネンの5つの効果まとめ
リモネンをご存知ですか? 何だか爽やかな響きのファイト


クマリンの効果・効能2:血液サラサラ効果

血液 サラサラ
クマリンには、血液を固まりづらくし、血流を改善する効果もあります。

先ほど抗血栓薬の材料になると書きましたが、これはクマリンの持つ血液をサラサラにする作用によるもの。
血流を改善することは色々なメリットがあり、心臓病や脳梗塞などの病気の予防、代謝UP、むくみの解消などにも効果的です。


クマリンの効果・効能3:脳機能の維持・改善

脳 成長 栄養
クマリンは、脳神経を作ったり維持するために必要な『NGF』という成分の生成を助ける効果があります。

これにより脳の機能が正常に保たれ、記憶力UPや集中力UP、また、アルツハイマーの予防・改善にも役立つとされています。


関連記事:アルツハイマーになりやすい習慣
若年性アルツハイマーが20代で発症するかもしれない、危険な習慣
若年性アルツハイマーが20代で発症するかもしれない、危険な習慣
「若年性アルツハイマーは、20代でも発症する」 こう聞いて、あ


クマリンの効果・効能4:更年期障害や不妊を解消

デトックス
クマリンは、女性ホルモンの一種『エストロゲン』と似たはたらきをしてくれるため、
女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる諸症状を緩和してくれる効果・効能があります。

年齢の若い女性には不妊対策やバストアップなどの効果、比較的高齢の方には更年期障害の改善など、女性特有の症状を解消してくれます。


クマリンの効果・効能5:生活習慣病の予防

ガン予防 食べ物
こちらはファイトケミカル全般に共通する効果・効能ですが、
活性酸素を効果的に除去してくれるため、ガンや糖尿病などの生活習慣病を予防してくれます。


クマリンが多く含まれる食べ物

では、クマリンはどんな食べ物に多く含まれるのでしょうか?
代表的なものを下記の表にまとめました。


No 食べ物 備考
1 明日葉 特に多く含む
2 桜の葉(桜餅) 塩漬けするとクマリンが発生する
3 パセリ
4 はっさく
5 シナモン 摂りすぎに注意!

特にクマリンが多い食べ物は、『明日葉』

この中でも特にクマリンが多く含まれるのは明日葉です。

先に書いた『NGF』の生成を助ける効果が通常の15~20倍にも高まり、
これはクマリンをはじめとした、明日葉に含まれる成分の複合作用によるものだという発表がなされています。


シナモンの食べ過ぎには注意を!

ただし、クマリンにいくら優れた効果・効能があるとはいえ、摂りすぎは禁物です。
特に上記の中ではシナモンには要注意。

ドイツでは、シナモンを摂りすぎるとシナモン中のクマリンが原因で肝障害を起こすと発表され、
1日の許容摂取量は、体重1kgあたり0.1mgまでにするようにと指針が出されています。(※体重60kgの人なら、1日に60mgが限度

これはあくまでシナモンに限った発表なので、その他の食べ物も同じとは言えませんが、ひとつの基準として覚えておきましょう。


クマリンについて:まとめ

あまり耳慣れない名前で、少し間の抜けた響きの成分ですが、クマリンには嬉しい効果・効能がたくさん。

前述したようにシナモンの摂りすぎには注意ですが、
今回書いたような症状をお持ちの方は明日葉やパセリなどを意識的に摂ることで改善するかもしれません。

脳も体も癒されたい!という方、クマリンはいかがでしょうか?

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。