リンゴの効果・効能まとめ。1日1個を皮ごと食べて病気知らず!


“1日1個のリンゴは医者を遠ざける”

ウェールズ地方に古くから伝わることわざです。

それだけリンゴが健康にもたらす効果・効能が優れていて

いるという意味ですが、近年になってリンゴの効果・効能に関する研究が進んだ結果、このことわざが本当だということが次々に明らかになっています。

では具体的に、リンゴにはどんな効果・効能があるのでしょうか?

この記事では、リンゴに含まれる代表的な栄養素と、リンゴの効果・効能をご紹介します。

>>amazonで買える・評価4以上の『特別栽培リンゴ』

>>20日間全額返金保証。安心・安全な農薬落とし用洗剤『ベジセーフ』をチェック。



リンゴの栄養

では、まずはリンゴに含まれる栄養について見ていきましょう。

代表的な栄養とそれぞれの特徴を、簡単に表にまとめました。
栄養 含有量 特徴・備考
ビタミンC 8mg
ビタミンE 0.4mg
ナイアシン 0.2mg ビタミンBの一種。他にも複数のビタミンBが含まれる。
食物繊維 3g ペクチンが豊富。
カリウム 220mg
リン 20mg
カルシウム 6mg
マグネシウム 6mg
ケルセチン 8mg ファイトケミカル。フラボノイドの一種で黄色い色素成分。
ポリフェノール 272mg ファイトケミカル。特にエピカテキンが豊富に含まれる。
なんといっても特徴的なのは、ファイトケミカル(ケルセチン、ポリフェノール)とカリウムの多さです。

リンゴの病気予防効果は、このファイトケミカルの優れた抗酸化作用によるものが多く、ケルセチンの他、エピカテキンなどの成分も含まれます。

これらの成分は健康効果の研究が過去に何度も行われており、注目度の高さと健康への効果がうかがえます。

また、カリウムをはじめとしたミネラル類も豊富に含まれており、これらがファイトケミカルのはたらきを助け、病気の予防効果を高めるのではないかと想定できます。

その他、ビタミンも食物繊維もバランスよく含んでいます。

リンゴの効果・効能

それでは、ここからはリンゴがどんな病気に効くのか、その効果・効能をご紹介します。

上記のリンゴの栄養のうち、特にファイトケミカルに注目して見ていきましょう。

リンゴの効果・効能1:ガンの予防

低体温 ガン
様々なガンの予防効果があります。

アメリカのダナ・ファーバー癌研究所によれば、リンゴに含まれるケルセチンが、咽喉ガン・口腔ガン・肺ガン・乳ガンの予防効果があるとされ、富山医科薬科大学やウルグアイの研究によれば、直腸ガンと結腸ガンの発生リスクが抑制されることがわかっています。

極めつけはフィンランドの研究結果です。

この研究によれば、リンゴを食べれば全てのガンになるリスクを13%軽減できると推測しています。
関連記事:ファイトケミカルは『天然の抗ガン剤』と呼ばれるほどの予防効果があります。
天然の抗ガン剤!ファイトケミカルを上手に摂る4つの秘訣
天然の抗ガン剤!ファイトケミカルを上手に摂る4つの秘訣
ファイトケミカルという成分をご存知ですか? 近年、第7の栄養素

リンゴの効果・効能2:喘息の予防

喘息 改善 方法
アレルギー性喘息の予防効果に優れています。

イギリスの南ロンドン地区が行った調査・研究によると、喘息の患者1471人と、健常者2000人に対し調査を行ったところ、1週間に2回以上リンゴを食べると、気管支喘息にかかるリスクを32%減らすことが判明しました。

リンゴの食物繊維『ペクチン』ヒスタミンの過剰分泌を抑えることで、喘息を予防する効果が現れるようです。

ちなみにヒスタミンの抑制は、喘息以外のアレルギー性の病気の予防にも役立ち、花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。
関連記事:気管支喘息の予防には、副流煙を徹底的に防ぐことも重要です。
一日一本でもタバコはNG!副流煙が子どもに与える怖い病気・5選
一日一本でもタバコはNG!副流煙が子どもに与える怖い病気・5選
あなたはタバコを吸いますか? 私は吸いません。 今まで一度も

リンゴの効果・効能3:血液系の病気を予防

血行促進
血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解するため、血液をサラサラにし、血液系の病気を予防してくれます。

リンゴを1日に1個半~2個程度食べるか、リンゴペクチンを1日15g摂取すると、悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を上げることが農研機構果樹研究所によって明らかにされています。

つまり、リンゴには血中の脂肪過多で原因で起こる心臓病や脳卒中などの予防効果があると言えるのです。

ちなみにフィンランドの研究によると、リンゴは脳卒中になるリスクを男性で41%、女性で39%下げると報告されています。
関連記事:トマトに含まれる『リコピン』にも血流改善、血液系の病気の予防効果があります。
リコピンの効果まとめ。トマトの赤いファイトケミカルは、美と健康の材料
リコピンの効果まとめ。トマトの赤いファイトケミカルは、美と健康の材料
夏といえばトマト! 夏野菜と聞いて最初に思い浮かぶのは

リンゴの効果・効能4:糖尿病の改善

糖尿病
2型糖尿病の改善効果があります。

弘前大学で2型糖尿病の患者を対象に早朝の空腹時にリンゴを1個食べてもらったところ、食後の血糖値の上昇が穏やかになったとの報告があります。

別の研究によれば、1日に1個のリンゴを食べる女性は、そうでない女性に比べて糖尿病の発症リスクが1/3になるとの結果も出ています。

これはリンゴの食物繊維であるペクチンの作用によるもの。腸にはたらきかけ、糖質の吸収を穏やかにします。

また、リンゴの果糖『フルクトース』は比較的、体に吸収される量が少ないことも2型糖尿病の改善に役立つようです。
関連記事:糖尿病を避けるには、『コーンシロップ』を避けるだけでも大きな予防効果があります。
口に甘いが、体に猛毒!コーンシロップ(異性化糖)が危険な7つの理由
口に甘いが、体に猛毒!コーンシロップ(異性化糖)が危険な7つの理由
コーンシロップ(異性化液糖)をご存じのない方、まずは下記の食べ物・飲

リンゴの効果・効能まとめ

このように、リンゴはあらゆる病気の予防や改善に役立つことがわかっています。

最新の研究では、1日に1個のリンゴを食べると死亡率が30%以上低下するという結果まで出ていて、身近な果物ながら非常に優秀な効果・効能を有しています。

効果的なリンゴの食べ方

それでは、こうしたリンゴの効果・効能を得るためにはどんな食べ方がいいのでしょうか?

答えは、1日1個を皮ごと食べることです。

1日半分では効果が得られず、2個では果糖の摂り過ぎでかえって体に負担をかけてしまいます。

また、ケルセチンやリンゴポリフェノールなどのファイトケミカルは皮に多く含まれるため、皮ごと食べることがとても重要です。

これに加えて、オーガニックや自然栽培のリンゴであればなお良しです。

>>amazonで買える・評価4以上の『特別栽培リンゴ』

補足:市販のリンゴは農薬を落としてから


それでも、自然栽培やオーガニック農法のリンゴは高級品。そうそう簡単に手が出るものでもありません。

多くの方は市販のリンゴを選ぶことが多いと思いますが、そんな時に気をつけて欲しいのがリンゴの残留農薬です。

市販のリンゴの場合はほぼ100%が農薬が使われています。栽培時の肥料はもちろん、害虫駆除のための殺虫剤や消毒と、何度も農薬に晒されます。

事実、リンゴは、環境ワーキンググループ(EWG)の発表する『残留農薬の多い果物・野菜ランキング』に毎年選ばれる、危険な果物であり、2016年はワースト9位、2017年は10位にランクインしています。

>>2016年版・残留農薬の多い果物・野菜ランキング
>>2017年版・残留農薬の多い果物・野菜ランキング

特にリンゴの表面(皮)は農薬が残留しやすい部位。そのまま食べると栄養と一緒に農薬まで摂取してしまいます。

これを避けるため、必ず残留農薬を洗い落としてから食べるようにしましょう。

最もおすすめする残留農薬落とし洗剤『ベジセーフ』

そこで、リンゴ等の残留農薬の危険性のある果物は、事前に野菜洗い用の洗剤で残留農薬を落としておくことが重要になります。

残留農薬落としの洗剤はホタテの殻から作られた洗剤が有名ですが、中でも特におすすめするのが『ベジセーフ』です。



>>材料2つのみ。ほぼ純水でできた最もおすすめの残留農薬落とし洗剤『ベジセーフ』

ベジセーフは、原料が極めてシンプルなことに加え、残留農薬を確実に落とし、さらに、洗った野菜・果物の鮮度を長期間維持することができる洗剤です。

原料は水と炭酸カリウムのみ。安心して使用することができ、かつ非常にリースナブル。下記リンクから直販サイトで購入すれば、amazon等で販売されている通常価格の半額で購入できます。

毎日使うものだからこそ、長く使用できるようにリーズナブルで、何よりも安心・安全に使用できる洗剤を選びましょう。

>>20日間全額返金保証。安心・安全な農薬落とし用洗剤『ベジセーフ』をチェック。

ベジセーフを実際に使用したレポート

当サイトのライターによるベジセーフを実際に使った感想やメリット、実際にいくつかの果物の残留農薬を落とした写真は下記の記事にまとめていますので、気になる方は合わせてご覧いただければ、効果がよくお分かりいただけると思います。

ベジセーフを使った感想・効果・最安値まとめ!残留農薬の除去にはこれ!
ベジセーフを使った感想・効果・最安値まとめ!残留農薬の除去にはこれ!
「ベジセーフ」という野菜・果物洗い用の洗剤があるのを、ご存知ですか?

まとめ:リンゴの効果・効能はやっぱりすごい!

ウェールズ地方のことわざは本物!

1日1個のリンゴを食べて、毎日健康に過ごしましょう。

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。