これはもはや食べ物ではない…悪魔のトーストが体に悪い2つの理由。

悪魔のトースト 体に悪い

※出典:TABI LABO

悪魔のトーストを知っていますか?

最近インスタグラムで話題のトーストで、大量の砂糖にとろけるチーズを載せて焼くトーストのことだそうです。
女きの写真のような見た目をしています。

確かにこれは美味しそうです。
チーズと砂糖と食パンの組み合わせなんて、不味いわけがありません。

しかし、ただ美味しいだけでいいんでしょうか?

食べるということは、食欲を満たすだけではなく、体を作ること。
食べるもの・飲むものひとつで健康にも不健康にもなります。
その観点で考えると、悪魔のトーストが体に良いものとは絶対に思えません。

というわけでこの記事では、今話題の悪魔のトーストが体に悪い理由をご紹介します。

※この記事は、食べ物=健康な体を作るものという観点でまとめた記事です。
悪魔のトースト容認派の方は、この先は読まれないことをおすすめします。



悪魔のトーストが体に悪い理由1:大量の砂糖

砂糖 害

まずは当然のことながら、大量の砂糖です。

砂糖は『人類最初の麻薬』と呼ばれるほど、強烈な毒性と依存性があり、体に様々な害をもたらします。

情緒不安定やアトピーなどのアレルギー症状、低体温による免疫力の低下、糖尿病やうつ病までとどまることを知りません。

精製されていないオーガニックの砂糖などなだまだしも、悪魔のトーストに使われているのは一般的な白砂糖。
しかもそれを大量に使用します。

この時点で、悪魔のトーストは十分に危険であることは明白。
最初に悪魔のトーストを作った方は、恐らくこうした知識は確実に持ちあわせていないのでしょう。

関連記事:砂糖の害まとめ
正に『万病の元』...砂糖が脳と体に与える・恐すぎる9つの害とは?
正に『万病の元』...砂糖が脳と体に与える・恐すぎる9つの害とは?
パパ・ママの皆さん、こんな悩みはありませんか? 子どもが言

悪魔のトーストが体に悪い理由2:チーズとトッピング

悪魔のトースト チーズ

2つめの理由は、チーズとその他のトッピングです。

まずはチーズですが、これは言わずもがな乳製品。
牛乳自体がもともと体に良くない上に、悪魔のトーストに使用されている牛乳は安価な質の悪いもの。
(でなければ、あんなに安い価格にはなりません。)

さらに気になるのは大量の食品添加物。
以下の写真は、代表的なとろけるチーズの裏面の原材料です。まずは写真をご覧ください。

とろけるチーズ 食品添加物

安定剤(増粘多糖類)や乳化剤、調味料(アミノ酸等)がそれに当たります。
本来は牛乳だけでできるチーズに、なんとこれだけの食品添加物が含まれているのです。

続いては、その他のトッピング。
砂糖ととろけるチーズだけで十分に”悪魔的”なのに、この上にハチミツをかけたり、マシュマロをトッピングしたりと、やりたい放題。

もともと高すぎる糖質と脂質に加えて、さらに質の悪い糖質と脂質をプラス。
これはもうコメントのしようがありません…。

関連記事:牛乳が体に悪い理由とは?
なぜ牛乳は体に悪いのか?牛乳が原因で起こりうる病気まとめ
なぜ牛乳は体に悪いのか?牛乳が原因で起こりうる病気まとめ
「牛乳は体に悪いから、子どもには飲ませない」 しばらく前に、松嶋尚

まとめ:悪魔のトーストはやっぱり体に悪い!

『食べること=健康な体を作ること』とするならば、悪魔のトーストはもはや食べ物とは言えません。

食べれば確実にその人の健康を害するでしょう。

“悪魔のトースト”というネーミングそのものが証明です。

流行や思い込み、メディアの流す情報に流されず、本当に体に良いものを選びましょう。

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
キニナル編集部
「気になることが、やがて大きな木になる。」 毎日を豊かに楽しく過ごすための「気になる!」と思うニュースをわかりやすく幅広く配信していきます。 ※一部、外部サイトからも記事の提供を受けています。