2つ以上の「本業」を持つ意味!複業をやることの”圧倒的メリット” 6つ


あなたは『複業』をやっていますか?

ちなみに私は、都内のIT企業に勤務する仮面社畜なので、もちろん複業をやっています。

ここで大事なのは副業ではなく、あくまでも“複”だということです。サラリーマンのお小遣い稼ぎのようなイメージのある、いわゆるサイドビジネスではありません。

『複業』はこれからの時代、当たり前になってきます。きっとこの先、
1つの会社で1つの収入だけを得ている人はどんどん取り残されていくでしょう。

年金システムの崩壊、年功序列制度の廃止、上がらない給料、相次ぐリストラや倒産、増えるだけの税金。1つの会社の1つの収入では生きていけなくなると時代が証明しています。

複業をやらざるを得なくなるでしょうし、それ以上に複業をやることで得られるものはとても貴重で、人生の財産になるものばかりです。

今日は、仮面社畜歴2年の私が、この2年間複業をやってきた中で実感した5つのメリットを書いていきたいと思います。これを見て、少しでも「複業始めよう」という気持ちになってくれたら嬉しいです。

>>複業を始めるなら、ぜったいに”楽しいこと”で!私が月24~28万円稼いだおすすめの教材はこれ!

はじめに:そもそも『複業』とは?

まずは、『複業』とはそもそも何なのかを簡単に書いておこうと思います。

複業とは、1つではなく、2つ以上の複数の収入源を持つという仕事のスタイルのことを言います。

「それなら副業と変わらないじゃないか」という人も居そうですが、全く違います。

かつての『副業』は、主となるのはあくまでもサラリーマンであり、
メインのサラリーマンに対し、片手間でサイドビジネスをサブの仕事としてやるという働き方。
当然、収入もサラリーマンの仕事の方が30万円程度と多く、
片手間でやっている仕事では月に1~2万程度と大きな差があります。(あくまで一例です)


これに対して『複業』は、言ってみれば全ての仕事が主(メイン)です。
どの仕事が優先でもなく、すべてに等しく力を入れて、すべての仕事で同じ程度の収入を得ます。
サラリーマン20万円、もう1つの仕事でも20万円、のような収入になります。

最大の違いはリスクヘッジができているかどうか。

前者はクビやリストラになってしまえば一気に収入が落ち込みゼロ近くまでになりますが、後者は半減するのみで済みます。副業と複業は同じでようで、まったく違います。この時点で、複業に大きなメリットがあることがお分かりいただけると思います。

副業禁止を禁止! 国も『複業』を勧める時代に!


実は、国も複業を勧めています。先日のニュースでこんなものがありました。

■正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換(日本経済新聞社)

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。

安倍晋三首相は副業や兼業について「普及は極めて重要だ」との認識を示している。

2016/12/26 1:31日本経済新聞 電子版より

ここ2~3年で、副業を解禁する会社が次々に増えてきましたが、ついに政府までもがこの波を後押し。社則によくある『副業禁止』はもはや時代遅れの古い考え方になりつつあります。

政府は、年金システムも崩壊してしまいこの国の将来がいよいよマズイことになったから、こういった方針を打ち出したのでしょう。私が複業を始めた理由の1つも、老後が不安だからです。※詳しくは下記の記事をどうぞ。

複業をやることのメリットとは?

では、ここからは、私が2年間、仮面社畜として複業をやってきた中で感じたメリットをご紹介します。
先程言った、リスクヘッジになるということ以外で、あと5つあります。

振り返って、「これは間違いなく人生の財産だな」と心から思えるメリットだけをまとめました。

複業のメリット1:収入アップ!


まずは当然ですが、収入がアップします。

ちなみに私は、2016年12月現在で、会社の給料以外で毎月24~28万円くらい稼いでいます。

仮面社畜になって収入が上がれば、
貯金もできますし、
今まで欲しくても買えなかった物も買えますし、
美味しい物も食べられますし、
良いマンションにも引っ越せます。

まとめていうと、収入アップは生活レベルが上がるということです。

こちらの記事でも書きましたが、私はこの5年弱で1万円くらいしか給料が上がっていません。
もしかしたら、世間一般からすれば良い方なのかもしれませんが、
それでも生活レベルが上がるほどの金額ではありません。

複業をはじめてしばらくはまったく稼げませんでしたが、今ではもう1つ収入の方が、会社員の月収を上回っています。

お金という、目に見えて、しかも実感のあるものが手に入るのは何より嬉しいこと。
これだけでも、仮面社畜になって複業をやるメリットは大いにあると私は考えてます。

複業のメリット2:時間の管理がうまくなる


自分で言うのもなんですが、時間の管理の仕方が上手になりました。

複業をするということは、会社以外に1つ以上の仕事が増えるということです。
つまり、それだけ仕事量が増えるということ。

私の場合は自分の好きなことをもう1つの仕事にしているので、そこまで負担にはなりませんが、
1つ別の仕事を始めれば、単純に仕事量が2倍に増えるわけです。

仕事量が増えても一日24時間という時間は増えるわけではありませんので、
そこで重要になるのが時間の管理能力です。そうすると、
  • もう1つの仕事をやる時間が欲しいので、会社の仕事を効率よく済ませよう
  • 観たい番組があるから、もう1つの仕事を早く終わらせよう
  • もう1つの仕事のネタ収集も兼ねて、○○に遊びに行ってみよう
…のように、自然と時間をうまく使おうという思考・行動ができるようになりました。

時間は人間にとって最強の資源なので、時間を節約できる能力を得られることは本当に大きなメリットだと思います。

逆に、時間管理ができないと複業には向かないとも言えます。

複業のメリット3:情報のキャッチ能力が身につく


自分の必要な情報や、興味のある情報のキャッチ能力が身につきました。
「必要または興味のある情報に対してのアンテナの感度が上がった」と言った方が正確かもしれません。

自分でそういうニュース等を見逃さなくなったということはもちろん、
周囲の人たちからも、自然と情報が集まってくるようになるんです。

また、最近では、たとえそれが自分の必要としていない話題でも、
友人や同僚との何気ない会話の中からでも、
一見、まったく関係のないニュースや情報の中からでも、
「あ、こういう視点もあるのか!」「こんなことやったら受けるかも」というように、
新しいアイディアを見つけられることも増えてきました。

要は、直感力が上がるようなイメージです。

もちろん、そういう直感はいつも当たるわけではなく、ハズレもあります。
それでも、何度もこれを重ねるうちに、どんどん当たりの確率が高まっていきます。

アンテナの感度の高さは、そのまま複業で成功する可能性アップとリンクしているように感じます。

複業のメリット4:人脈が増える


人脈が、仲間が増えました。

ネットビジネスをもう1つの仕事にしておいて矛盾していますが、本当に有益な情報はネットには落ちていません。
情報のキャッチ能力とも繋がるのですが、自分にとって有益な情報というのは、大抵が人伝いに伝わってきます。

本当に有益な情報を得られるかどうかは、素敵な人たちとの縁とイコールになっていることが多く、
ライバルや友人や師匠と呼べる存在など、自然に仲間が増えていきます。

彼らからは複業して成功していく上でのノウハウ的なことだけでなく、
モチベーションの保ち方や、新しい世界、単純に楽しいことなど、色々なものを吸収できます。
それらが回りまわって、自分の糧になって、またビジネスがうまく回り出す…という、正のスパイラルになっていきます。

高め合う、支え合う仲間が増えることは、楽しく生きるコツでもあると思います。
人脈のもたらすメリットは計り知れません。

複業のメリット5:夢や目標


夢や目標を持てるようになりました。会社員だけやっていた頃の私は、
  • 働いている間は今目の前の仕事をこなすこと
  • 家に帰ってからは明日やらなければならない仕事のこと
  • 週末になれば何を食べようか、どう暇を潰そうか?
…という思考回路でしか動けず、将来何をやりたいかということまで頭が回っていませんでした。

それが仮面社畜として複業を始めて以来、会社以外でお金を稼げるようになってからは、
自分にはやれるんだという自信と、何かを達成する楽しさを知り、
仕事面でも、プライベート面でも、夢や目標を持てるようになりました。

達成できた時の高揚感と、それが「お金」という目に見える形で返ってくる充実感がはっきりと分かるので、夢や目標を持つことが楽しくなるんです。

今の私の目標は、来年中にもうひとつの収入の柱を手に入れ、
会社以外の収入の額を2倍、つまり月収50万円にすること。

プライベートでは、35歳に5LDKで両親とも同居できる家を買うことです。

まとめ:複業はメリットだらけ!

会社員だけをやっていた頃は、複業をやることは
こんなにたくさんのメリットがあることは想像もできませんでした。

そして複業をやれば、人生は何倍にも楽しくなるし、
会社員しかやらないことがいかに勿体無いことなのかを思い知りました。

複業歴2年の私のですらでこれなので、複業の枠を超え、いくつもの事業をしている成功者の方は、より強くこれらのメリットを実感しているでしょうし、より多くの何かを手に入れているでしょう。

複業を始めるというハードルは高いかもしれませんが、その高いハードルを越えて見えるものは、恐らくあなたの想像の100倍以上の充実感をもたらしてくれます。私がそうでした。

政府が副業禁止から、副業容認する時代。
複数の収入源を持つ複業はこれからのスタンダードになります。

年末、来年からどう生きるかを決める大事な時期です。
ちょっとでもその気があるなら、ぜひこの機会に始めてみてください。

>>複業を始めるなら、ぜったいに”楽しいこと”で!私が月24~28万円稼いだおすすめの教材はこれ!

SNSでいいね&シェア!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事
この記事のライター
仮面アントニー
都内のIT企業で働く"仮面社畜"。現在、副業で月収25万円。私の副業(複業)のコツを教えます!