facebookでもキニナル!いいね!して『TOPに表示』を選択すれば、最新情報をお届け。

簡単・4分でわかる、体質改善したい人がやるべき5つの方法。

体質改善 方法
 

あなたが体質改善をしたい理由は何ですか?

風邪をひきやすいから?
アトピーを治したいから?
花粉症がひどいから?

私の場合は風邪を引きやすいからでした。

2年前くらい前の私は月に1度必ず風邪をひき、当時の彼女(現在の妻)とのデートをつぶし、
代わりに看病してもらう時間に充ててしまうほどの不健康人間。

これではいかんと思い立って体質改善を始めました。

そうして1年経った頃に同僚からこう言われました。

「最近、会社休まなくなったね」

自分よりも他人の方が早く気づくものです。
その時はじめて「体質改善できたー!」と実感したのを覚えています。

今日は、実際に私が体質改善のためにしたことを5つご紹介します。

体質改善法1:水をたくさん飲む

水 1日 何リットル
最低でも1日に2リットル。
男性の場合は3リットルくらい飲むのがおすすめです。

水には、代謝を上げる効果と、老廃物を体外に出す効果があるので、水を飲むのはとにかくオススメ。
もちろん水道水や井戸水ではなく、きちんと浄水されたものを飲みましょう。

人間の体の60%(なんと赤ちゃんは80%!!)を占める水は、とにかく質にも量にもこだわりましょう。
関連記事:ウォーターサーバーは絶対にNG!

ウォーターサーバーは雑菌だらけ!水道水よりもずっと危険な理由



 

体質改善法2:オーガニックのサプリメントを飲む

サプリメント オーガニック ファイトケミカル
※出典:amazon


オーガニックの原料でできたサプリメントを飲みましょう。

本当は野菜を食べることが大事なんですが、残念ながら現代の野菜は栄養不足で農薬まみれのものが多数。きちんと栄養が摂取できません。
関連記事:農薬の使用料など、日本が世界一のものまとめ

もはや他人事じゃない!日本の『不名誉・危険な世界一』 まとめ



そこで大事なのがサプリメント。
それもオーガニックの野菜や果物をまるごと使って作られたものがおすすめです。

オーガニックの野菜や果物がビタミン・ミネラルだけでなくファイトケミカルも豊富に含むからです。

ファイトケミカルは全ての病気の原因ともいわれる活性酸素を退治してくれる優れた成分。
植物の皮や種などに多く含まれるので、オーガニックの野菜や果物を丸ごと使っているサプリメントがより良いと言えます。

 

体質改善法3:プロテインを飲む

プロテイン
体の抵抗力を高めるにはプロテインが大事です。

プロテインはタンパク質のこと。
タンパク質は体の材料です。

人間の体の表面はほぼタンパク質と言われていて、ウイルスや菌をブロックする役目のある粘膜もタンパク質からできています。
そのため、タンパク質を効率よく摂取できるプロテインを飲むのが手っ取り早いというわけです。

なお、プロテインもオーガニックの原料でできたものがおすすめ。
私は体を引き締めたいとも思っていたので、植物性のものを選びました。

一日に10gを2~3回、合計20~30g程度摂りましょう。
オーガニックで100%植物性のものなら、豆乳のような味わいで意外に飲みやすいですよ。
 

体質改善法4:野菜をたくさん食べる

野菜 体に良い
サプリメントの項で野菜の栄養不足を指摘しましたが、野菜中心に食べることでだいぶ体は変わってきます。

現代人は糖質と脂質に大きく偏った食生活になっており、推奨量の20倍近くも摂取してしています。

忙しい現代人はどうしても外食や内食になりがちで、
栄養が必然的に糖質と脂質に偏ってしまい、どんどん体調不良や肥満気味になっていきます。

きちんと意識して野菜中心に食べるようにしましょう。
前述したファイトケミカルも効率良く摂取するには、オーガニックの野菜であることもとても大切。

オーガニックの野菜は、amazonでも手に入りやすくなっていますので、ぜひ野菜の質にこだわってみてください。
 

体質改善法5:睡眠の質を上げる

体質改善 睡眠
睡眠の質も大事です。

一日のうちで脳と体の回復ができるのは唯一、寝ている間だけ。
布団や枕などの寝具はもちろん良い空気にも拘りましょう。

布団や枕はダニやハウスダストの温床で、人間は寝ている間が最も呼吸が深くなるので、これらを大量に吸い込んでしまいます。
ダニやハウスダストは強力なアレルゲンでアトピーやアレルギーを引き起こすとも言われています。

せっかく体が休まる時間帯なのに、これではまるで逆効果。
高性能な空気清浄機を選び、新鮮な空気の中でぐっすり眠ることをおすすめします。
良い空気清浄機を使えば眠りが深くなり、翌朝の目覚めがとてもスッキリしていることに気づくはずです。

ちなみに、就寝時間にもゴールデンタイムがあり、夜12:30までに寝ると体の回復を促します。
関連記事:睡眠の質についてはこちらの記事でも触れています

若年性アルツハイマーが20代で発症するかもしれない、危険な習慣



より快適な睡眠を得るためには、布団などの寝具も良いものを選ぶとだいぶ違います。
考えてみれば、人間は人生の1/3は寝ているわけですから、ある意味最もお金をかけるべきところだと私は考えています。

良い空気と良い寝具は本当に大事です。

 

まとめ

いかがでしたか?
できる範囲から始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこの5つ体質改善法のうち、始める項目が多ければ多いほど短期間で効果的に体質改善が可能です。

私の場合は一気に5つ変えたので、大変でしたがその分早く効果も現れました。

決して楽な道のりではありませんが、効果は確実に出てきます!
体質改善、がんばりましょう!

 

この記事が役立ったら
いいね! &シェアしてね!

Twitter で
PAPA-CHAN
1児のパパです。ただいま絶賛・子煩悩中! 子育てや趣味、家族のことを書いていけたらと思っています。よろしくお願いします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です